模様替え 2

模様替えにある秘密が・・・

LEDを付けました

そして、5月22日、植物の苗を水槽内に。成長は遅いですが枯れないで育っています。

自然の繁殖巣穴の周りには草木が茂っている。

完全屋内水槽は自然環境に近い環境が整いました。

後は、ダイゴロウ、サチコ、オギン、マッチのやる気次第。

彼ら、彼女たちの能力を信じて待ちます。!(^^)!

※詳しくは6月10日の山陰中央新報、山陰総合面に掲載していただいています。また、オオサンショウウオLEDで検索してみてください。

長瀬川域外保全

上記の写真は、2016年8月27日撮影したものです。

長瀬川支流栃谷川で毎年産卵する場所。

平成29年4月21日、文化庁よりオオサンショウウオの一時捕獲と飼育の許可を頂きました。

繁殖期にオス1頭とメス2頭を保護し、自然館の半屋内展示水槽で産卵・ふ化させ、ふ化した幼生も川へ戻すという取り組みです。

今年の新たな事業です。保護したハンザケが水槽に慣れるかが心配ですが頑張ります。

(詳しくは、5月27日の山陰中央新報、山陰総合面に掲載してもらっています。)

サクラが一本咲いています

本日の最低気温0.8度、最高気温20.1度。

早朝 車のフロントガラスが凍っていました。

明日から10日間の天気予報は晴れ。最低気温も今日より上がるみたいです。

さて 自然館の駐車場から「サクラの花」を見ることが出来ます。

そのほか 綿毛になるのを待っている「オキナグサ」、

開花が始まった「エビネ」、伸び始めた「タケノコ」も見ることが出来ます。

5月3日(水)4日(木)5日(金)イベント

10時〜21時まで開館。

・入場料:大人300円。小中学生150円。幼児以下無料。

※ 子どもの日(5月5日)は、中学生以下無料。

13時30分〜17時まで「外の川で釣り体験」

・中学生以下は無料、高校生以上は一人500円(漁遊券)。

・釣竿・えさは自然館で準備。

・濡れてもいい服装・タオル持参で。

19時30分〜21時まで「ナイト・ミュージアム」

・真っ暗な「夜の水槽」を見ていただくので、受付でヘッドライトを着けてから入場していただきます。

・ヘッドライトは自然館で準備。(持ち込み可)

自然館の山野草

今朝、自然館の周辺を見て歩くと写真のとおり

ヤマザクラ、イカリソウ、シュンラン、セリ、ノカンゾウ、ワラビを見つけました。

他にも、コバノミツバツツジ、ショウジョウバカマ、タケノコを見つけました。